お母さんの介護日記

脳出血・脳梗塞を経て、認知症・パーキンソン病を発症した母と、老々介護する父、近所に住む私の、備忘録を兼ねた介護日記です。

【大腿骨骨折】転院後の現状

大腿骨を2度(頸部と転子下)骨折した後、急性期病院からリハビリ病院へ。

急性期病院では一日30分ほどのリハビリで、週に2日は休みでしたが、今の病院では一日大体2時間。多いときで3時間ほど。

パーキンソン病もあるので、かなり丁寧に教えていただいています。

パーキンソン病と、骨折のおかげで、太ももの内側の筋肉ばかり使ってしまっていたようで、今は太ももの外側の筋肉を鍛えてもらい、最後に歩く練習。

歩く練習の成果が特に目覚ましく、ずっと母自身も悩んでいた、小股歩きがかなり改善。

しかもなんなら「あれ、骨折れたっけ?」位の勢い・・・。

ただ、一番不安に感じてはいた筋力の低下がかなり激しかった模様。

続きを読む

【大腿骨骨折】転院決定と現状

【大腿骨骨折】頸部骨折術後の転子下骨折手術の方針と予後について。のその後なのですが・・・

自分のための備忘録としてまず改めて時系列から。

※最初の転倒を0日目として・・・です。

  1. 0日目(1月中頃):転倒(しりもち)
  2. 2日目:救急要請後、入院
  3. 5日目:大腿骨頸部骨折の手術(半身麻酔)
  4. 21日目(術後16日目):退院
  5. 22日目(術後17日目):激痛を訴え土曜日だったが急遽病院へ
  6. 23日目(術後18日目):更におかしいので救急要請するも異常なしとのこと
  7. 38日目(術後33日目):退院時に予約していた外来予約日だったので出向くと新たな骨折(大腿骨転子下)発覚 - 入院(これまでの2週間が一番辛かった・・・)
  8. 47日目(術後42日目):大腿骨転子下骨折の手術
  9. 72日目(再手術後25日目):転院

今は67日目(再手術後20日目)です。

続きを読む

【大腿骨骨折】頸部骨折術後の転子下骨折手術の方針と予後について。

大体の予想通り・・・というかなんというか。

その後お医者さまから手術について説明があった。

前回見せていただいたレントゲンとは別の写真を見たけれど、転子下と呼ばれる箇所がすこし旋回するような形で亀裂が・・・。

対処法として3つ挙げられた。

続きを読む

【大腿骨骨折】更にさらに痛みのその後

2月20日の火曜日に 退院時に予約が入っていたので、同病院の整形外科へ。

また折れてた!!!

流れをまとめてみる。

続きを読む

【大腿骨骨折】大腿骨頸部骨折の痛みのその後

退院後の謎の激痛から1週間以上経過…

寝返りでは激痛で目がさめる事はなくなった。

痛がりながらもベッドに座れるようにもなったし、立ち上がるところまでは出来るようになった。

全然歩けない…

痛い痛い痛いー!言うて一歩が踏み出せない。

寝たきりになったらどうしよう…

続きを読む

【大腿骨骨折】大腿骨頸部骨折、退院後の激痛

大腿骨頸部骨折の術後2週間で退院、 デイへ通っても良いと言われていた母なのですが、

退院の翌日、激痛を訴え歩くことはおろか座ることも寝返りを打つのも辛い状況に。

退院の翌日は、私の旦那さんと3人で近所のファミリーレストランへ行きました。

出かける際も特に問題なく階段を降りたり車へ乗ったり、ファミレスでもご飯を美味しいと言い食べていました。

しかし、ファミレスを出て車へ向かう数メートルを歩いた途中で突然

「痛い……!!!」

続きを読む

【大腿骨骨折】入院中・・・病院内でのデイケア体験

大腿部頸部骨折で再び入院から、手術を経て現状について・・・。

ハンセンピンを2本使用した手術も無事終え、翌日からリハビリが開始しました。

1日目のリハビリはあいにく自分が仕事だったので立ち会ってはいなかったのですが、土日がリハビリがお休みで、ゆっくりリハビリに立ち会えたのが火曜日だったのですが、(術後5日)

もう歩行器でどんどん歩いてる・・!

一般的にどういう流れなのかはよくわからないのですが、恐らく母の場合痛みに強いというのが良い方向へ向かっているようです。
(ただ認知症かもしくは脳の何かが作用している可能性もある)

さすがに歩行器で歩いている最中は「痛い?」と尋ねると「んー、ちょっと痛いかな」といいつつ、結構痛そうではありました。

水曜日にはトイレ介助も家族でしても良いとのことだったので積極的にすることに。
そしてそう言われた時に限ってあまりトイレには行かない(笑)

そして水曜日に病院で行っている1時間程のデイケアを一緒に体験、楽しかった〜!

続きを読む